去年まで俺がすんでいたアパートはコの字の形をしている

3階建てのエレベーター無で、204号室を使っていた。

自分の玄関からは正面に201号室が見える。

201号室は俺が入居してきたころにはもう空き室だった。

部屋をあまり汚したくないということもあって俺は夜中に

よく玄関先で煙草を吸っていた。見つかると嫌な顔をする人もいるんで

玄関先で煙草を吸うのは大抵が夜中だった。

その日も夜中の1時ごろに一服していたんだが、

正面に見える201号室の玄関横の窓になんか変なものを見つけた。

最初はただの白っぽい汚れだと思っていたんだが、

近づいていってよく見ると子供の大きさくらいの手形のように見えた。

多分近所の子供が入り込んで空き室なのをいいことに窓を汚していったんだろう。

まったくやれやれ・・・と思って

何気なくその汚れを指でなぞると想像していたような感触が指になかった。

その汚れは中からつけられていた。

ああ、近所の子供じゃなくて、これは清掃か何かをする人が

汚したんだなと思い直してその日は部屋に帰った。

それから数日が経って手形のことなんかすっかり忘れていたんだが、

ある日また同じように煙草を吸いに玄関先に出て

ふと201号室の方を見たときにおかしなことに気が付いた。手形が大きくなっている。

いや、大きくなっているのとはちょっと違う。

手を押し付けたまま力を入れて横にずらしていったような。手形が横に流れるように広がっていた。

とんでもない業者がいたもんだなぁ・・・などと思いながら思わず見入っていると、

203号室の扉が開いてそこに住んでいる田中さんという男性が顔を出した。

「あ・・・」まずい、煙草を吸っているのを見られた。

後ろを振り向いて携帯灰皿にぐりぐりと煙草を詰め込み、気まずさから振り返れないでいると

「ははは、いやどうぞ気にせずに」という声が後ろから聞こえてきた。

「すいません・・・」と振り向くと田中さんはそーっと近寄ってきて小声で

「あれ、大きくなっていますよね?」と話しかけてきた。

「あ・・・。やっぱりそう思います?とんでもない業者がいたもんですよね。」

「業者・・・。なんですかねぇ。」

「?どういうことですか?」

「私もそう思ってこの前大家と会ったときに聞いてみたんですよ。でも、中の清掃ならとっくに終わってるって」

「え?だとしたらやっぱりいたずらですか?」

「でも、カギは全部閉まっているはずなんですよ。実際見てもらったんですけど『元からある汚れだ』ってきかなくって。大家さんもトシのせいかだいぶん見づらくなってるから」

じゃあ、なんなんだろう・・・。俺が難しい顔で考え出すと微妙な空気を察知したのか

「あ、こんな夜中に変なこと言っちゃいましたね。申し訳ない。では私はコンビニに行くので・・・」

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

不思議な話カテゴリの最新記事