プレゼント

NO IMAGE

※このお話しはなかなか濃い内容(精神的というかなんというか..)なので、ある程度覚悟して読んだほうがいいかもしれません;

呪いとかそういう類の話では全然なく、人間こわいよって話です(´・ω・`)

それは私が大学生の頃の話です

一月に友人達が先取り誕生パーティーを開いてくれまして

友人達と過ごせる一日を私はとても嬉しく思っていました

二週間以上も先取りして冬季休暇中だったので

途中カラオケに抜け出したり酒を買ったり丸一日歌って飲んでの大騒ぎ

自分はなんて、身近に陽気な人たちをもてているんだろうと光栄にも

そして誕生日プレゼントを沢山いただきました

高いものではないです

みんな、半分はイベントを口実に集まって騒ぎたいわけですし

裕福なわけでもないですから

でも、気心の知れた仲間でしたから

私が欲しがりそうなもの、私が喜びそうなもの

実際どれも私は喜んだんです

誕生日当日私はパーティーに来なかった友人に呼び出されました

友人は棒状のものを私に差し出しました

それは黄土色と茶色と黒を集めたような変な棒で

ところどころ皹がはいっていたり又別のところはやたらとなめらかだったりしました

これ何?とたずねると

喜んでもらえるものがわからないから

自分でしか用意できない材料で作っていた一番大切なものをあげると

製作に十年かかったともいっていました

正直ものは不気味だったんですが

十年という言葉をきいて感激しました

彼は少し対人関係が苦手な人で

私のほかの友人達と違いPCゲーム研究サークルに所属し

そこでも余りとけこめずにいたとききます

私はこの時彼はとても感情表現が苦手で損しているけれど

本当はいつだって本気で他人に接しようとしてるんだなと感じました

とはいえよく見るとやっぱり不気味なんです

よくみるとなめらかそうに見える場所にも指紋がいくつも残ってるんですよ

それになんというか…どことなく甘いような奇妙な香りがするんです

何でつくったんだろうという疑問はありましたが

正直、私くらいしか友人のいない彼を疑うようなことはしたくなく

私まで変にうたがってたりしたら彼ほんと孤立してしまいかねないので

だから忘れることにしました

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

不思議な話カテゴリの最新記事