田所君

田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。

田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。

学校の図書館を「根城」(当時は意味が分からなかった)と呼び、

本の読みすぎですでにメガネをかけていた。

推理小説が好きで、図書館にある面白い本をいろいろ教えてもらったのを覚えている。

「根暗」「ガリ勉」「メガネ」の三冠王だった田所君。

これだけなら真っ先にイジメの的になるところだが、

彼には他の追随を許さない類まれな才能があった。

彼は「怖い話をするのが抜群にうまかった」のだ。

そして、彼の話すべてが彼の創作だった。

今にして思えば、どこかで聞いたことのある話だったり、

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

不思議な話カテゴリの最新記事