非常階段

数年前、職場で体験した出来事です。

そのころ、ぼくの職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。

普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故があいつぎ、クレーム処理に追われていました。

朝出社して、夜中に退社するまで、電話に向かって頭を下げつづける日々です。

当然、ぼくだけでなく、他の同僚のストレスも溜まりまくっていました。

その日も、事務所のカギを閉めて、廊下に出たときには午前三時を回っていました。

O所長とN係長、二人の同僚とぼくをあわせて五人です。

みな疲労で青ざめた顔をして、黙りこくっていました。

ところが、その日は、さらに気を滅入らせるような出来事が待っていました…


↓次のページへ↓